ムラサキスポーツのサーフギア担当者を対象としたニューモデルサーフボードの試乗会が開催されました。
ムラスポではギアを扱う担当者にはプライベートでも仕事でも実際にサーフィンをする機械を増やすことができるような施策がたくさんあり、今回の試乗会もその一環です。
お取引先であるメーカー様にご協力をいただいて、できるだけ多くの試乗ボードを持ち込んでいただき、スタッフとコミュニケーションをとりながら試乗会は進みました。
担当者一人ひとりのレベルもそれぞれですので、同じボードでも感じ方はまちまちです。
しかし机上での勉強だけでは得られない実際に乗った感想、多種のモデルを同じ環境で一度に乗り比べられるというのは一般のユーザーの方ではあまり体験できない機会になります。

ブランドごとの特徴やモデルごとの特徴、形状が変わると波に対してどう変わってくるのかを、1日2日で感じ取ろうと頑張っていました。
ボードを選びフィンを挿しリーシュを巻いて海に走っていきパドルアウト、数本乗ったら走って上がってきて違うボードでまた同じローテーション。
スタッフ一人ひとりが個々に試乗した感想をお客様に伝えられるよう頑張っている姿は、楽しんでいるという感覚よりある種過酷な環境を体感しているようです。
それもすべてはお客様との会話の中で自分が乗った感覚を伝えてボード選びの参考にしてもらいたいと願う気持ちからです。

0

ムラサキスポーツ地方発送